ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>SCM(Supply Chain Management)

SCM(Supply Chain Management)

【分類】: ,

【読み方】:エスシーエム

「SCM」とはSupply Chain Managementの略称であり、自社及び関係各社との間で在庫、物流、販売など主に物流面での一連の業務について情報を共有化し最適化を図ることである。

また、SCMをサポートする情報システムそのものをSCMと呼ぶ場合もある。

SCMを導入することにより在庫量の最適化やリードタイムの短縮、設備稼働率の改善などが実現し、事業そのものを効率化させることができる。

そのため大規模物流センターや輸送関連のシステムでは特に重要なシステムとされている。

また、SCMのうち需要を予測し在庫や販売計画の立案をサポートするシステムをSCP(サプライチェーンプランニング)といい、SCMを構成するものの中で主要な役割を果たす。

なお、SCMシステムを導入するには、SAPなどのERPパッケージを利用することが多い。

「SCM(Supply Chain Management)」に関連するネット用語