ビジネスに関する用語集

在庫管理システム

【読み方】:ザイコカンリシステム 在庫管理システムとは、製造業や倉庫関連等において、適正在庫量の管理や入出庫管理などを担う情報システムである。 在庫管理システムによって、従来は紙ベースで行われていた在庫業務が電子的に処理… >>在庫管理システムの意味/元ネタを読む

ユニファイドコミュニケーション

【読み方】:ユニファイドコミュニケーション ユニファイドコミュニケーションとは、メールや各種メッセージツールなど様々な通信手段を統合することである。 この統合により、より付加価値の高いコミュニケーションの手段を提供できる… >>ユニファイドコミュニケーションの意味/元ネタを読む

システム監査

システム監査とは、情報システムについて独立した立場から客観的に評価し関係者へ助言や勧告を行うことである。 信頼性、安全性、有効性、効率性などのシステム監査基準を基に、システム監査人により評価が実施される。評価の結果、情報… >>システム監査の意味/元ネタを読む

ロールアウト

【読み方】:ロールアウト ロールアウトとは、構築が完了した情報システムやサービスの運用を開始することである。公開やリリースなどと表現される場合も多い。 限定的に試験運用していたものを本番リリースする際などにロールアウトと… >>ロールアウトの意味/元ネタを読む

垂直統合

【読み方】:スイチョクトウゴウ 垂直統合とは特定の事業ドメインにおいて事業領域を拡大し競争力を強化するため、自社グループ及び取引先関連会社を連携させる経営手法のことである。 例えば製品の開発生産を主力とするメーカーが、提… >>垂直統合の意味/元ネタを読む

プライベートクラウド

【読み方】:プライベートクラウド 「プライベートクラウド」とは自社内にクラウドコンピューティングの環境を構築して運用することである。 クラウドコンピューティングとは、ネットワーク上にコンピュータ資源を配置することで、操作… >>プライベートクラウドの意味/元ネタを読む

帳票

【読み方】:チョウヒョウ 「帳票」とは、各種業務で発生する情報を記録するドキュメントである。 帳票の種類は業務毎に様々なものがあり、代表的なものとしては出納帳、請求書、売上伝票、納品書、仕訳帳などが挙げられる。 事務処理… >>帳票の意味/元ネタを読む

ボリュームライセンス

【読み方】:ボリュームライセンス 「ボリュームライセンス」とは複数台のマシンに対して与えられるソフトウェアライセンスのことである。主に法人など複数台の端末を保有する組織に対して付与される。 個別にソフトウェアライセンスを… >>ボリュームライセンスの意味/元ネタを読む

CIO(Chief Information Officer)

【読み方】:シーアイオー 「CIO」とはChief Information Officerの略称であり、企業において情報システムや技術を統括する役員のことである。日本語訳では主に「最高情報責任者」と表記される。 CIOは… >>CIO(Chief Information Officer)の意味/元ネタを読む

LTO

【読み方】:エルティーディー 「LTO」とは、コンピュータで使用する磁気テープに関する技術、または磁気テープ装置の規格である。 この規格はIBM、ヒューレット・パッカード、シーゲート・テクノロジーの三社により策定された。… >>LTOの意味/元ネタを読む

WMS(Warehouse Management System)

【読み方】:ダブリューエムエス 「WMS」とはWarehouse Management Systemの略称であり、在庫(倉庫)管理システムのことである。 このシステムにより、製造業や物流業での業務効率化を図ることが出来る… >>WMS(Warehouse Management System)の意味/元ネタを読む

Web会議

【読み方】:ウェブカイギ 「Web会議」とはインターネット環境を利用して遠隔地同士のメンバーとミーティングができるシステムである。 HTTP等のWeb技術がベースに構築されるシステムであるため、Web会議用のアプリケーシ… >>Web会議の意味/元ネタを読む

ランニングコスト

【読み方】:ランニングコスト 「ランニングコスト」とは情報システムの維持運用に必要なコストのことである。 システム稼働後の監視や障害対応にかかる人件費、専用線または公衆回線の利用料、データセンターにサーバを配置していれば… >>ランニングコストの意味/元ネタを読む

BPR(Business Process Re-engineering)

【読み方】: 「BPR」とはBusiness Process Re-engineeringの略であり、企業活動の業務の内容や流れを見直し、事業の再構築を行うことである。 再構築となる業務は、利益を出すプロフィットセンター… >>BPR(Business Process Re-engineering)の意味/元ネタを読む

ナレッジマネジメント

【読み方】:ナレッジマネジメント 「ナレッジマネジメント」とは、個人が保有する知識やノウハウを全社的に共有化する管理手法のことである。 一般に個人が保有する知識は「暗黙知」と呼ばれ、その知識は体系化されておらずドキュメン… >>ナレッジマネジメントの意味/元ネタを読む

BIツール(Business Intelligenceツール)

【読み方】:ビーアイツール 「BIツール」とはBusiness Intelligenceツールの略称であり、会社内に蓄積された膨大なデータを分析するツールのことである。 情報システムの専門知識が無くとも、BIツールを使用… >>BIツール(Business Intelligenceツール)の意味/元ネタを読む

ガントチャート

【読み方】:ガントチャート 「ガントチャート」とは、工程管理を行うための表形式のドキュメントである。 縦軸に担当者と作業項目、横軸に期間(作業開始日、作業完了日)を設定し、誰がどの作業をどの期間行うかを帯状グラフで表現す… >>ガントチャートの意味/元ネタを読む

PaaS(Platform as a Service)

【読み方】:パース 「PaaS」とはPlatform as a Serviceの略称であり、情報システムのプラットフォームをインターネットを介して一括提供するサービスである。 PaaSが提供するプラットフォームにはOSや… >>PaaS(Platform as a Service)の意味/元ネタを読む

BCP(Business Continuity Planning)

【読み方】:ビーシーピー 「BCP」とはBusiness Continuity Planningの略称であり、企業が安定した事業を継続して行うための計画である。 企業を取り巻く事業環境には様々なリスクが存在し、災害や事故… >>BCP(Business Continuity Planning)の意味/元ネタを読む

MSP(Management Services Provider)

【読み方】:エムエスピー 「MSP」とはManagement Services Providerの略称であり、情報システムの運用や保守などを請け負うサービス事業者のことである。 MSPの具体的なサービス内容は、情報システ… >>MSP(Management Services Provider)の意味/元ネタを読む

ERP(Enterprise Resource Planning)

【読み方】:イーアールピー 「ERP」とは、統合業務パッケージのことであり、Enterprise Resource Planningの略称である。 一般に、企業活動において必要な業務には、購買、経理、生産、物流、在庫管理… >>ERP(Enterprise Resource Planning)の意味/元ネタを読む

仮想デスクトップ

【読み方】:カソウデスクトップ 「仮想デスクトップ」とは、一台のサーバマシンに複数のデスクトップ環境を稼働させる技術である。 サーバー上で処理され転送された画面を、手元の端末を操作して利用する。 サーバ上にユーザ数分の仮… >>仮想デスクトップの意味/元ネタを読む

エンタープライズ

【読み方】:エンタープライズ 「エンタープライズ」とは包括的な意味を持つ用語であり、一般には事業や冒険などを表すことが多いが、ビジネスにおいては組織(主に法人)を対象にした製品のことである。 とりわけ情報システムの分野で… >>エンタープライズの意味/元ネタを読む

アセスメント

【読み方】:アセスメント 「アセスメント」とは総じて言えば「事象に対する評価」を意味する言葉である。 多くの分野で様々なニュアンスで用いられる用語であるが、情報システム分野においては開発の与えるインパクトや対策を見積り、… >>アセスメントの意味/元ネタを読む

グループウェア

【読み方】:グループウェア 「グループウェア」とは社内ネットワークを活用した情報共有システムである。 グループウェアの主要な機能には、電子メール、電子掲示板、スケジュール、文書データベース、ファイル共有、会議室予約などが… >>グループウェアの意味/元ネタを読む