ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>リレーショナルデータベース

リレーショナルデータベース

【分類】:

【読み方】:リレーショナルデータベース

リレーショナルデータベースとはデータを管理する方法の1つである。

リレーショナルでは行(row)と列(column)の二次元で構成される表(table)の形式でデータ構造を表現する。その表形式のデータを参照したり、あるいは追加、変更、削除する際にはSQLと呼ばれるデータベース言語を使用する。

なお、リレーショナルとは「関係」を意味するものであり、リレーショナルデータベースにおいては表同士を結びつけて関係付けることが可能であることからリレーショナルの語が用いられている。

表同士を結びつけるには一方の表の項目(field)にキーを設定し、そのキーを参照する別の表を結びつけることで実現する。このキーが介在して多層的に表同士を結びつけることが、リレーショナルデータベースの最も特徴的な性質である。

リレーショナルデータベースを管理するシステムはRDBMSと呼ばれ、代表的なものにはオラクル社のOracleやマイクロソフト社のSQL Server、またオープンソースとしてはMySQLやPostgreSQL等があり、それらは多くの分野で普及している。

「リレーショナルデータベース」に関連するネット用語