ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>消えたレフト

消えたレフト

【分類】: ,

【読み方】:キエタレフト

「消えたレフト」とはまるでレフトが消えてしまったかのような守備体制をしていた状況のことである。

元ネタは2009年9月2日に行われた読売ジャイアンツ対横浜ベイスターズのこと。
9回裏に5対5の場面においてラミレスが三遊間を破るヒットを打ったときにレフトがセンターに寄っていたためテレビ画面上ではレフトが打つておらず打球もてんてんと転がって行ったためレフトが消えたのではないかと視聴者の間で話題となった。

実際にはラミレスの前のバッターであった小笠原用に外野の守備体制をライト寄りにしておりそれを解除し忘れてしまっていたことにより発生した事件。

この守備体制の解除忘れがお粗末であったことなどから「消えたレフト」として語り継がれるようになった。

「消えたレフト」に関連するネット用語