ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>まなびライン

まなびライン

【分類】: ,

【読み方】:マナビライン

「まなびライン」とはアニメ制作において採算がとれる枚数のラインを意味する言葉である。

主に2chの「アニメDVD・BDの売り上げを見守るスレ」にて使用されている。
深夜アニメは、通常放映後に販売されるDVD•BDの売上によって成り立っている。
そのためDVD•BDの売上は直接採算に関わってくるものであり、2chのユーザー達もこの売上枚数によってアニメ作品のビジネス上の採算を判断する。

「まなびライン」の「まなび」の元ネタは2007年に放映されたアニメ「まなびストレート!」であり、このアニメ作品におけるDVDの売上枚数約2300枚を基準とするラインである。(一巻目の売上は2899枚)
この枚数よりも上であれば、採算がとれており下回ればビジネスとしては赤字であると判断されがちであるが、この「まなびライン」が採算丁度の枚数であるという根拠があいまいであり、かつ実際にビジネス上の収支が公開されることは少ないためあくまで推測でしかない。

「まなびライン」に関連するネット用語