クに関する用語集

口の中パッサパサ

【読み方】:クチノナカパッサパサ 「口の中パッサパサ」とは口の中が乾燥するような事柄があった時に投稿されるAAである。 元ネタは2008年に2ch上で投稿された以下の書き込み。 上司の愛娘がクッキーやいてきてくれました。… >>口の中パッサパサの意味/元ネタを読む

グローバルナビゲーション

【読み方】:グローバルナビゲーション 「グローバルナビゲーション」とはサイト上に表示されるメニューバーのことである。サイト上のコンテンツをナビゲーションする機能を備えることからこのように呼ばれる。グローバルメニューと呼ぶ… >>グローバルナビゲーションの意味/元ネタを読む

クロスセル

【読み方】:クロスセル 「クロスセル」とは商品を購入しようとしている顧客に対し、他の類似する商品の購入を促す行為のことである。 例えばAという美容に関する商品を購入しようと考えているユーザーに対して、オススメの品としれB… >>クロスセルの意味/元ネタを読む

くにへ かえるんだな。 おまえにも かぞくが いるだろう…

【読み方】:クニヘカエルンダナ オマエニモカゾクガイルダロウ 「くにへ かえるんだな。 おまえにも かぞくが いるだろう…」とはゲーム「ストリートファイターⅡ」におけるガイルが勝利した時のセリフ。 ガイルはストリートファ… >>くにへ かえるんだな。 おまえにも かぞくが いるだろう…の意味/元ネタを読む

悔しいでしょうねぇ

【読み方】:クヤシイデショウネェ 「悔しいでしょうねぇ」とは悔しいと思われる相手について述べる言葉である。 元ネタはアニメ「遊☆戯☆王ZEXAL」におけるⅣが発した言葉。 「ですが笑えますねぇ、あの一件であなたはデュエル… >>悔しいでしょうねぇの意味/元ネタを読む

クロネコ男子

【読み方】:クロネコダンシ 「クロネコ男子」とはヤマト運輸の宅配スタッフの愛称である。 ヤマト運輸はクロネコヤマトのブランドで親しまれており、そうしたクロネコヤマトの宅配スタッフの男性ということでクロネコ男子と呼ばれるこ… >>クロネコ男子の意味/元ネタを読む

グゲギャン

【読み方】:グゲギャン 「グゲギャン」とはマイナスの印象や状態の時に用いる言葉である。 元ネタはゴールデンボンバーの鬼龍院翔による口癖。 ブログなどにおいて、何か嫌なことなどのマイナスな事柄が起きた時に「グゲギャン」と用… >>グゲギャンの意味/元ネタを読む

クライアント

【読み方】:クライアント 「クライアント」とは顧客や依頼主を意味する言葉である。 例えばWeb広告の分野においては、広告主を表す。 またコンピューターではサーバーに対して要求をし、サーバーからその返答をうけるコンピュータ… >>クライアントの意味/元ネタを読む

クリソツ

【読み方】:クリソツ 「クリソツ」とは「そっくり」を意味するスラングである。 いわゆる業界用語の様に、言葉の一部を逆にした言葉であり「そっくり」→「そつくり」→「クリソツ」と変化した。 インターネット普及以前から用いられ… >>クリソツの意味/元ネタを読む

グルチャ

【読み方】:グルチャ 「グルチャ」とは「グループチャット」の略で、複数人がグループとなってチャットを行うことである。 友人同士である場合や、見知らぬ人同士で行う場合がある。 インターネット初期の頃からこうしたグループでの… >>グルチャの意味/元ネタを読む

ぐふふ

【読み方】:グフフ 「ぐふふ」とは何か嬉しいことがあった時に思わず発してしまう言葉である。 明確な元ネタはないが、アニメやマンガ、小説などにおいて、何か自らの身に良いことが起きた、もしくは起こりそうな時の表現として用いら… >>ぐふふの意味/元ネタを読む

ぐへへ

【読み方】:グヘヘ 「ぐへへ」とは怪しい感情がこもった笑いのことである。 主に好意を抱く相手に対して中年の男が用いる言葉。 中には少年や少女が用いることもあるが、稀。 アニメやマンガにおいて、悪役の男がヒロインを襲おうと… >>ぐへへの意味/元ネタを読む

クリぼっち

【読み方】:クリボッチ 「クリぼっち」とは彼氏や彼女がおらず、クリスマスを一人で過ごす人物のことである。 2012年12月頃から広く使われる様になり、NHKでもクリぼっちについての特集が行われた。 その時のアンケートでは… >>クリぼっちの意味/元ネタを読む

ぐりん

【読み方】:グリン 「ぐりん」とはLINE上のbotのことである。 LINE上でコミュニケーションをとることができる人口プログラム。 学習機能を備えており、ユーザーとのコミュニケーションによって精度が増していく。 アニメ… >>ぐりんの意味/元ネタを読む

糞藝爪覧

【読み方】:フンゲイソウラン 「糞藝爪覧」とは非常に面白くないゲームに対して用いる言葉である。 元ネタはゲーム「三国志11」に登場する武将。 実在しない武将であるが、何故かデータの中に入っていた。恐らくプログラマーが密か… >>糞藝爪覧の意味/元ネタを読む

駆逐してやる

【読み方】:クチクシテヤル 「駆逐してやる」とは巨大な相手を駆逐することを宣言する際に用いる言葉である。 元ネタはマンガ「進撃の巨人」における主人公イエーガーのセリフ。 巨人と呼ばれる、人を喰う喰う者がイエーガーの母親を… >>駆逐してやるの意味/元ネタを読む

クソネミ

【読み方】;クソネミ 「クソネミ」とは「糞眠い」を表す言葉であり、非常に眠いことを意味している。 糞眠いは非常に強烈な睡魔が襲ってくることであり、主に口語で用いられている。 これを更にスラング化させたものが「クソネミ」で… >>クソネミの意味/元ネタを読む

クンデレ

【読み方】:クンデレ 「クンデレ」とはクールだが時折デレる人物のことである。 クーデレと呼ぶこともある。 クンデレの場合、普段の行動はクールで無愛想に見えるが好意を持つ相手に対してはデレデレな表情を見せる。 このギャップ… >>クンデレの意味/元ネタを読む

くぎゅ

【読み方】:クギュ 「くぎゅ」とは声優の釘宮理恵の愛称である。 釘宮という名字からこのように呼ばれている。 特徴的な声から多くのファンを持ち、 釘宮理恵がアニメで声優をしている時などは動画共有サイトのコメントなどにて「く… >>くぎゅの意味/元ネタを読む

草生えた

【読み方】:クサハエタ 「草生えた」とは笑ったことを意味するスラングである。 インターネット上では笑ったことを「w」とと表現する文化がある。 そしてこの「w」が草に見えることから「w」を草と呼ぶ場合がある。 そうした中で… >>草生えたの意味/元ネタを読む

クレヒス

【読み方】:クレヒス 「クレヒス」とは「クレジットヒストリー」の略で、クレジットカードの使用履歴のことである。 クレジットカードの使用履歴はクレジットカード会社によって管理されており、延滞などもなく毎月一定額以上利用して… >>クレヒスの意味/元ネタを読む

クリックカウント

【読み方】:クリックカウント 「クリックカウント」とは広告がクリックされた回数をカウントすることである。 例えばメディア上に掲載されている広告や、メールマガジン内に掲載されているURL、ECサイトにおける購入ボタンなどの… >>クリックカウントの意味/元ネタを読む

クリック率

【読み方】:クリックリツ 「クリック率」とは広告がクリックをされる割合のことである。 例えば1000回広告が表示され、10回クリックされた時クリック率は1%となる。 表示される回数に応じて料金が発生するインプレッション課… >>クリック率の意味/元ネタを読む

糞コテ

【読み方】:クソコテ 「糞コテ」とは掲示板において自己主張の強い固定ハンドルのことである。 掲示板に投稿する際にトリップを付けたり、特定のハンドルネームで書き込みを行うユーザーのことを固定ハンドルネームと言い、これを略し… >>糞コテの意味/元ネタを読む

ぐう正論

【読み方】:グウセイロン 「ぐう正論」とは「ぐうの音も出ない程の正論」の略である。 全ての点において論理的に正しく、ぐうの音も出ないほどの正論が出た時に用いられる。 例えば「1+1は2である」など。但し何事も「ぐう正論」… >>ぐう正論の意味/元ネタを読む