ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>高市マジック

高市マジック

【分類】:

【読み方】:タカイチマジック

「高市マジック」とは野球評論家・小関順二が
ヤクルトの大卒ドラフト1位高市俊に下した評価である。

「高市を見ているとストレートの速さにどんな意味があるのだろうと思えてくる」から始まり、
球持ちが良くすべての球種が一級品、コントロールも良くアウトローは“高市マジック”の基本であるなど絶賛の嵐。

東都の浮沈艦と呼ばれた高市を「大学レベルでは打てるはずがない」と持ち上げに持ち上げた。

しかし実際にプロ入りしてみると5年間で1勝もできないまま戦力外通告を受けてしまった。

以前から小関が酷評した選手ほど活躍するなど逆神ぶりには定評のある男だったが、
この絶賛評でその地位を不動のものにした。

今でもドラフトの時期には思い出されるネタであり、
高市マジックはコピペ化されている。

「高市マジック」に関連するネット用語