ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>サーバ仮想化

サーバ仮想化

【分類】: ,

サーバ仮想化とは、一台のサーバマシン内に仮想的に複数のOSやアプリケーションを稼働させる技術である。

この時のOSは一種類に限らず、複数の異なったOSを内在させることが出来る。例えば、一台の物理マシン上でWindowsとLinuxを稼働させることも可能である。

従来は物理的なサーバマシンを複数用意して情報システムを運用していたが、マシン台数が増えるに従い導入コストが増大し、また使用電力やメンテナンスなどの運用コストも増加する。そこで、サーバマシンを仮想化することで物理装置が不要になり、その結果コスト削減や管理作業の簡素化を図ることができる。

また、サーバ機能を集約化することにより常に最新状態のバージョンでOSを運用することが容易になる。

なお、サーバ仮想化の際は、ITベンダにより提供されている仮想化ソフトウェアを使用する。

「サーバ仮想化」に関連するネット用語