マスコミに関する用語集

ゴリ押し

【読み方】:ゴリオシ 「ゴリ押し」とは普通に考えるとおかしい事柄を強引に押し通すことである。 ゴリ押しのゴリは淡水魚であるゴリを穫る際の漁獲方法という説と、五里まで一度に押していくことという説の2つが主に存在している。 … >>ゴリ押しの意味/元ネタを読む

アレスト

【読み方】:アレスト 「アレスト」とは逮捕を意味する英語である。 2012年テレビの報道で2chにおける隠語として紹介され、「アレストされちまうだろ」のアレストに下線が引かれ「逮捕」と記載されていた。 しかし、実際にアレ… >>アレストの意味/元ネタを読む

一発だけなら誤射

【読み方】:イッパツダケナラゴシャ 「一発だけなら誤射」とは一回だけなら許す、という時に使用する言葉である。 元ネタは2002年4月20日の朝日新聞に掲載された、「有事法制ここが分からない「武力攻撃事態」って何」という記… >>一発だけなら誤射の意味/元ネタを読む

主婦活

【読み方】:シュフカツ 「主婦活」とは主婦の就職活動のことである。 主婦の中で、専業主婦であったり他の職を探す様な人が就職活動を行うことを意味している。 「主婦による就職活動」の略である。 インターネット上からではなくテ… >>主婦活の意味/元ネタを読む

風の息づかいを感じていれば

【読み方】:カゼノイキヅカイヲカンジテイレバ 「風の息づかいを感じていれば」とは風を感じていれば事故は防げていたはずだという毎日新聞の論調である。 2005年12月に起きた秋田県の特急列車「いなほ」が突風により脱線し5名… >>風の息づかいを感じていればの意味/元ネタを読む

だが、心配のしすぎではないか

【読み方】:ダガ、シンパイノシスギデハナイカ 「だが、心配のしすぎではないか」とはマスコミ批判をする際に用いられるフレーズである。 元ネタは朝日新聞の2005年7月28日における「人権擁護法 救済の法律は必要だ」という社… >>だが、心配のしすぎではないかの意味/元ネタを読む