ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>DPS(Damage Per Second)

DPS(Damage Per Second)

【分類】:

【読み方】:ディーピーエス

「DPS」とは「Damage Per Second」の略で
1秒あたりのダメージ量を意味する。この数値を強さの指標にすることもある。

他の使い方としては敵にダメージを与えることを主体とするロールを呼称する際などが挙げられる。
例えば「○○パーティ募集してます。@タンク1名ヒーラー2名DPS3名」というものはいわゆるアタッカーを意味する。

FF14ではDPSに分類されるジョブ・クラスは、
格闘士・槍術士・弓術士・呪術士・巴術士、ジョブはモンク・竜騎士・吟遊詩人・黒魔道士・召喚士が分類される。

敵にダメージを多く与えられる花形職のため、プレイヤー人口がタンク・ヒーラーに比べ多くコンテンツファインダーでのマッチングには時間を要することが比較的長い。

「DPS(Damage Per Second)」に関連するネット用語