ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>バックラー

バックラー

【分類】: , , ,

【読み方】:バックラー

「バックラー」とはバイトや用事をサボり無断で逃げる人物を指す言葉である。

こうした無断で去ることを「ばっくれる」と言い、「ばっくれる人」ということで「バックラー」と名付けられた。
ちなみに「ばっくれる」の語源は「しらばっくれる」

バックラーはそのバックれ度によって格付けされており
格付けは以下の様になっている。

S級バックラー
伝説の存在。給料と称して、売場の物やレジの金を強奪して消える
最強のバックラー。場合によってはブタ箱逝きであることから、
バックラーからも畏怖の対象として見られている。

A級バックラー
活力みなぎる若者の主流。トイレの便器から外れた位置にウンコをする、
売場を荒らす、勤務中に姿を消すなど、職場への迷惑行為をしてバックレる
漢の中の漢。世間からは概ね理解を得られぬが、その反骨精神溢れる姿は
一部からは熱狂的な支持を得ている。

B級バックラー
仕事を覚えて、職場の主力に近い立場を取得した後、消える。そのバックレ
効果は絶大であり、職場に致命的なダメージを与えることもある。忍耐力の
あるバックラー、という資質が必要となり、労働時間が長くなる為、C級
バックラーと比較すると少数である。

C級バックラー
入って数日、もしくは1,2週間で消える。職場への被害は極僅かだが、
バックラー本人の貴重な時間を無駄にすることなく、ストレスも最小限で
抑えられるため将来性バツグン。

ブロンズバックラー
即日消える豪の者達。わずか一日で職場を見極めなければならないため、
かなりの判断力は要求される。

ゴールドバックラー
数時間、あるいは数分で勤務中に消える。もはや幻。彼らは本当に存在
したのか?職場に、自信の存在を疑わせるほどの光速バックレ技術は
黄金聖闘士に匹敵。

このコピペを見て「俺はC級バックラーだわ」などと自らがバックラーの一員であることを表明するユーザーも少なくない。

「バックラー」に関連するネット用語