ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>行動ターゲティング広告

行動ターゲティング広告

【分類】:

【読み方】:コウドウターゲティングコウコク

「行動ターゲティング広告」とはユーザーの行動に合わせて内容を表示頻度などを変更する広告のことである。

例えばあるECサイトにおいてユーザーがAという商品のページを閲覧してサイトを離脱したとする。
その後他のサイト内に掲載されている広告の中に、先ほど見ていて商品Aが表示されているといったもの。

これはユーザーの閲覧履歴をクッキー保存されており、
そのクッキー情報に基づき先ほどまで閲覧していた商品や、それに類似した商品などを広告内に表示するといった仕組みが一般的。

こうした行動ターゲティング広告は一般の広告よりも費用対効果が高いと言われているが
ユーザーにしてみると先ほどまで見ていた商品が自動で表示されることに対して不快感を得る場合もあり
サイトの評判が下落するといった可能性がデメリットとして挙げられる。

そのため最近では広告主がこうした表示についてのフリークエンシーキャップを設けることができる広告もある。

「行動ターゲティング広告」に関連するネット用語