ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>インプレッションシェア

インプレッションシェア

【分類】: , ,

【読み方】:インプレッションシェア

「インプレッションシェア」とは広告等が表示される機会のうち、実際に表示された割合のことである。

例えば検索連動型広告において「インターネット」というキーワードで広告を入札していたとする。
この「インターネット」が検索されて何かしらの広告が表示される回数が月に100回あり、自社の広告が10回表示されたとすると
インプレッションシェアは10%となる。

このインプレッションシェアを高めるには入札型の広告の場合、入札単価を上げて競争に勝つといった方法が挙げられる。
ただし入札単価を上げるとクリック単価が上がり効率が悪くなることもある。

「インプレッションシェア」に関連するネット用語