カテゴリー ‘web広告’

行動ターゲティング広告

【読み方】:コウドウターゲティングコウコク 「行動ターゲティング広告」とはユーザーの行動に合わせて内容を表示頻度などを変更する広告のことである。 例えばあるECサイトにおいてユーザーがAという商品のページを閲覧してサイト… >>行動ターゲティング広告の意味/元ネタを読む

ディスプレイ広告

【読み方】:ディスプレイコウコク 「ディスプレイ広告」とはWebページ上に表示される画像や動画形式の広告である。 Falshなどの動画である場合や、画像である場合などがある。 Web上の広告として古くからある広告形式であ… >>ディスプレイ広告の意味/元ネタを読む

クライアント

【読み方】:クライアント 「クライアント」とは顧客や依頼主を意味する言葉である。 例えばWeb広告の分野においては、広告主を表す。 またコンピューターではサーバーに対して要求をし、サーバーからその返答をうけるコンピュータ… >>クライアントの意味/元ネタを読む

メディアレップ

【読み方】:メディアレップ 「メディアレップ」とはWeb広告における一次代理店のことである。 ある媒体の広告枠販売の窓口となる代理店のことであり、 例えばAというメディアへと広告を掲載したい時に、メディアへ直接依頼するの… >>メディアレップの意味/元ネタを読む

インプレッションシェア

【読み方】:インプレッションシェア 「インプレッションシェア」とは広告等が表示される機会のうち、実際に表示された割合のことである。 例えば検索連動型広告において「インターネット」というキーワードで広告を入札していたとする… >>インプレッションシェアの意味/元ネタを読む

インタースティシャル広告

【読み方】:インタースティシャルコウコク 「インタースティシャル広告」とは「隙間広告」とも呼ばれ、ページとページの間で表示される広告のことである。 例えばAというページからBというページへと遷移する間に表示される。 大手… >>インタースティシャル広告の意味/元ネタを読む

リワード広告

【読み方】:リワードコウコク 「リワード広告」とは広告を通じて購入やダウンロードをしたユーザーに対して一定額のポイントや金銭を与える広告の形態である。 例えばアプリをダウンロードすると100円分のポイントが付与される広告… >>リワード広告の意味/元ネタを読む

純広(純広告)

【読み方】:ジュンコウ 「純広」とは「純広告」の略であり、直接媒体と取引を行い掲載する広告のことである。 例えばYahoo!へ広告を掲載する時に直接Yahoo!やそれに関連する代理店と取引を行いYahoo!へと掲載する広… >>純広(純広告)の意味/元ネタを読む

アフィニティーカテゴリ

【読み方】:アフィニティーカテゴリ 「アフィニティーカテゴリ」とは特定の嗜好を持った人物を指定することができるカテゴリーのことである。 2013年にGoogleのAdwordsの管理画面上で実装された機能の1つ。 アフィ… >>アフィニティーカテゴリの意味/元ネタを読む

ハーフページ広告

【読み方】:ハーフページコウコク 「ハーフページ広告」とは300×600のサイズの広告である。 Adwordsにおける同サイズ広告の名称であり、意味としてはページの半分を占める大きさの広告という意味。 ただし、Adsen… >>ハーフページ広告の意味/元ネタを読む

カオスマップ

【読み方】:カオスマップ 「カオスマップ」とはある業界の様々なプレイヤーが入り交じった図のことである。 主に広告業界でのマップを表すことが多い。 広告主、メディア、代理店といったプレイヤーがそれぞれグルーピングされ、それ… >>カオスマップの意味/元ネタを読む

ROAS

【読み方】:アールオーエーエス 「ROAS」とは広告の費用対効果を示す指標である。 売上を広告コストで割ったもの。 広告をかけたことによりどの位売上を上げることができたのかということを表す指標となる。 広告の出稿がそのま… >>ROASの意味/元ネタを読む

P4P(Pay for Performance)

【読み方】:ピーフォーピー 「P4P」とは検索エンジンにおいて検索をおこなった時、その検索されたキーワードに連動して表示される広告のことである。検索連動型広告と呼ばれることも多い。 広告主が事前に、検索されるキーワードに… >>P4P(Pay for Performance)の意味/元ネタを読む

クリックカウント

【読み方】:クリックカウント 「クリックカウント」とは広告がクリックされた回数をカウントすることである。 例えばメディア上に掲載されている広告や、メールマガジン内に掲載されているURL、ECサイトにおける購入ボタンなどの… >>クリックカウントの意味/元ネタを読む

クリック率

【読み方】:クリックリツ 「クリック率」とは広告がクリックをされる割合のことである。 例えば1000回広告が表示され、10回クリックされた時クリック率は1%となる。 表示される回数に応じて料金が発生するインプレッション課… >>クリック率の意味/元ネタを読む

アドサーバー

【読み方】:アドサーバー 「アドサーバー」とは広告を配信するためのサーバーのことである。 アドサーバーは広告を掲載しているメディアからリクエストを受けて、リクエストされた画像やテキストなどを配信する。これにより何回リクエ… >>アドサーバーの意味/元ネタを読む

CPF(Cost per Fan)

【読み方】:シーピーエフ 「CPF」とは「Cost per Fan」の略で1件のファンを獲得する為にかかる費用を表す指標である。 主にFacebookにおける広告で、かかった総額をFacebookページのファンになってく… >>CPF(Cost per Fan)の意味/元ネタを読む

インプレッション

【読み方】:インプレッション 「インプレッション」とはWeb広告において、広告が表示されることである。 インプレッション数というと広告が表示された回数を意味する言葉となり、インプレッション課金となると広告が表示されるごと… >>インプレッションの意味/元ネタを読む

バナー広告

【読み方】:バナーコウコク 「バナー広告」とは画像を使用したWebサイト上の広告のことである。 画像形式の広告をインターネット上のページへと掲載する。 画像形式であるためページへ訪れたユーザーに対して興味を引くことができ… >>バナー広告の意味/元ネタを読む

レクタングル広告

【読み方】:レクタングルコウコク 「レクタングル広告」とは正方形、もしくは正方形に近い形状をした広告のことである。 横長、もしくは縦長の広告はバナー広告と呼ばれており、レクタングル広告は正方形に近いような形状。 例えば「… >>レクタングル広告の意味/元ネタを読む

CPM

【読み方】:シーピーエム 「CPM」とは「Cost per Mille」の略で、1000回の表示辺りにかかる費用のことである。 例えばCPM100円の広告商品があり、1000万回表示されたとすると100万円が費用としてか… >>CPMの意味/元ネタを読む

ポップアンダー広告

【読み方】:ポップアンダーコウコク 「ポップアンダー広告」とは特定のページへとアクセスした時に、新規にブラウザウインドウが立ち上がり、閲覧ウインドウの下に表示されるような広告のことである。 閲覧ウインドウの下に表示される… >>ポップアンダー広告の意味/元ネタを読む

平均CPC

【読み方】:ヘイキンシーピーシー 「平均CPC」とは1クリックにかかるコストの事である。 CPCは「Cost per Click」の略。 アドワーズなどは出稿するキーワード、他に出稿するユーザーによってクリック毎に単価が… >>平均CPCの意味/元ネタを読む

ターゲティング配信

【読み方】:ターゲティングハイシン 「ターゲティング配信」とはユーザーの趣向に合わせた特定の広告を配信する手法である。 例えば都内に済む20代の女性に対してOL服の広告を配信することが挙げられる。 ネットワーク回線などに… >>ターゲティング配信の意味/元ネタを読む

コンテンツ連動型広告

【読み方】:コンテンツレンドウガタコウコク 「コンテンツ連動型広告」とは広告を掲載したwebページの文章を解析し、その内容に沿ったものを掲載する広告である。 広告を掲載したwebページをコンテンツと呼び、このコンテンツの… >>コンテンツ連動型広告の意味/元ネタを読む