ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>一般人のアニメ作品に対する認識

一般人のアニメ作品に対する認識

【分類】: , ,

ガンダム:安室とシャーがたたかう話
エヴァ:パチンコ、あやなみが可愛い
マクロス:歌う
ギアス:何それ
ボトムズ:アストラギウス銀河を二分するギルガメスとバララントの陣営は互いに軍を形成し、
もはや開戦の理由など誰もわからなくなった銀河規模の戦争を100年間継続していた。
その“百年戦争”の末期、ギルガメス軍の一兵士だった主人公「キリコ・キュービィー」は、味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられる。
作戦中、キリコは「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にしたため軍から追われる身となり、町から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。
その逃走と戦いの中で、陰謀の闇を突きとめ、やがては自身の出生に関わる更なる謎の核心に迫っていく


■解説:
一般人のいわゆるオタク系と呼ばれるコンテンツに対する認識を書いたもの。
ガンダムや新世紀エヴァンゲリオンといったオタク層にとっては非常に一般的な作品も
一般人にすると「安室とシャーがたたかう話」といったような認識に過ぎないと冷静に書きつつも
何故かそれらよりも知名度では劣ると考えられるボトムズについては非常に詳細な記述がなされている。

本当に一般人の認識なのかという突っ込みどころが満載の笑えるコピペとして広まっている。

「一般人のアニメ作品に対する認識」に関連するネット用語