ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>アメリカ海軍とカナダ当局との間で交わされた無線による会話

アメリカ海軍とカナダ当局との間で交わされた無線による会話

【分類】: , ,

【読み方】:アメリカカイグントカナダトウキョクトノアイダデカワサレタムセンニヨルカイワ

1965年3月14日。これはニューファンドランドの海岸沖で,アメリカ海軍とカナダ当局との間で交わされた無線による会話の記録である。

カナダ  「衝突の恐れあり。貴艦の針路を15度南に変更されたし」

アメリカ 「衝突の恐れあり。そちらの針路を15度北に変更せよ」

カナダ  「それは出来ない。衝突の恐れあり。そちらの針路を15度南へ変更されたし」

アメリカ 「こちらアメリカ海軍軍艦である。もう一度繰り返す。そちらが針路を変更せよ」

カナダ  「NO!それは不可能だ。貴艦の針路を変更するよう忠告す」

アメリカ 「こちらはアメリカ合衆国第七艦隊所属航空母艦エンタープライズである。
 本艦は巡洋艦四隻と駆逐艦八隻,他多数の小艦艇を従えて航行中である。
 我々はそちらの針路を15度北に変更するよう要求す。
 もう一度繰り返す。そちらが15度北に転針せよ。さもなくば,そちらの安全は保証の限りではない」

カナダ  「エンタープライズ。こちら灯台である。どうぞ」

■解説:
アメリカ海軍が、相手であるカナダ当局に対して
自らの要求を受け入れさせようとしていることから起きるネタ。

相手に強引に進路を変更する様に迫るが
実際には相手は軍艦ではなく灯台であった。

そのため要求を受け入れることはできないというアメリカンジョーク。

「アメリカ海軍とカナダ当局との間で交わされた無線による会話」に関連するネット用語