Googleに関する用語集

ユーチューバー

【読み方】:ユーチューバー 「ユーチューバー」とは動画共有サイトYoutubeで動画を投稿するユーザーのことである。 Youtubeは一般人が動画を投稿することができ、 動画の再生回数によって広告収入を得るユーザーもいる… >>ユーチューバーの意味/元ネタを読む

サジェスト汚染

【読み方】:サジェストオセン 「サジェスト汚染」とはGoogleやYahoo!などの検索エンジンのサジェスト機能を悪用して、 悪評となるサジェストで埋め尽くす様にする行為のことである。 サジェスト機能は特定のキーワードを… >>サジェスト汚染の意味/元ネタを読む

ナチュラル検索

【読み方】:ナチュラルケンサク 「ナチュラル検索」とは検索エンジンの検索結果の中で有料広告枠などを除いた検索部分の名称である。 有料で掲載されている箇所ではなく検索エンジンのアルゴリズムによって表示される検索箇所を指す。… >>ナチュラル検索の意味/元ネタを読む

【読み方】:ドロ 「泥」とはAndroidを搭載したスマートフォンのことである。 「アンドロイド」の真ん中2つをとり「ドロ」⇒「泥」としたもの。 AndroidはGoogleが開発したOSの名称であり、携帯電話自体の名称… >>泥の意味/元ネタを読む

リンクレピュテーション

【読み方】:リンクレピュテーション 「リンクレピュテーション」とはリンクテキストの内容を判断基準とするアルゴリズムの1つである。 リンクをされているテキストの内容から、リンク先のサイトの内容などを推測する。 例えば「看護… >>リンクレピュテーションの意味/元ネタを読む

アフィニティーカテゴリ

【読み方】:アフィニティーカテゴリ 「アフィニティーカテゴリ」とは特定の嗜好を持った人物を指定することができるカテゴリーのことである。 2013年にGoogleのAdwordsの管理画面上で実装された機能の1つ。 アフィ… >>アフィニティーカテゴリの意味/元ネタを読む

Googleハネムーン

【読み方】:グーフルハネムーン 「Googleハネムーン」とは新規に作成されたサイトが一時的に検索エンジン上で上位表示される現象のことである。 開設されてから1ヶ月程度、本来の評価よりも上位に表示されやすくなる。 新規に… >>Googleハネムーンの意味/元ネタを読む

Googleダンス

【読み方】:グーグルダンス 「Googleダンス」とは検索エンジンであるGoogleがアルゴリズムなどを更新することによって検索結果の順位が変動することである。 検索結果が上下する様がダンスしているようだということでこの… >>Googleダンスの意味/元ネタを読む

google先生

【読み方】:グーグルセンセイ 「google先生」とは検索エンジンのGoogleに対する愛称である。 Googleは検索エンジンとして有名なサービスであり、 キーワードを入力することによりそのキーワードに関する情報が掲載… >>google先生の意味/元ネタを読む

ちょろめ

【読み方】:チョロメ 「ちょろめ」とはWebブラウザGoogleChromeの愛称である。 日本語入力で「Chrome」と書くと「ちょろめ」と入力されることから名付けられた。 実際の初出については不明であるが2008年1… >>ちょろめの意味/元ネタを読む

ggrks

【読み方】:ググレカス 「ggrks」とは「ググレカス」の略語で「Googleで調べなさい」という意味のネットスラングである。 インターネットでは分からないことを調べる際の大半の手段としては検索エンジンでの検索である。 … >>ggrksの意味/元ネタを読む

ペンギンアップデート

【読み方】:ペンギンアップデート 「ペンギンアップデート」とは2012年4月にGoogleが行った大規模なアルゴリズム変更の愛称である。 1年程前に米国にて行われた大規模なアルゴリズム変更の愛称であるパンダアップデートに… >>ペンギンアップデートの意味/元ネタを読む

ググる

【読み方】:ググル 「ググる」とは「Googleで検索する」ことを意味する言葉である。 インターネット上で何か探し物をする時に検索エンジン大手のGoogleでキーワード検索をすることが一般的であることから動詞化された。 … >>ググるの意味/元ネタを読む

ぐぐたす

【読み方】:ググタス 「ぐぐたす」とはSNSのGoogle+を意味する言葉である。 Googleで検索することを「ググる」という様にGoogleは「ぐぐ」と略されることがあり、これに「+」を「たす」と読んで組み合わせた造… >>ぐぐたすの意味/元ネタを読む

グーグル八分

【読み方】:グーグルハチブ 「グーグル八分」とは特定のサイトがGoogleの検索結果に表示されなくなる事である。 グーグルから閉め出されることを「村八分」とかけた言葉。 検索結果向上のために不正な行為を行ったサイトや、内… >>グーグル八分の意味/元ネタを読む

アドセンス狩り

【読み方】:アドセンスガリ 「アドセンス狩り」とは他人のアドセンス広告を故意に不正クリックをすることで、相手のアカウントを停止させることを企てる行為の事である。 アドセンスでは現在、一定期間に通常では起こりえない程の大量… >>アドセンス狩りの意味/元ネタを読む

アボセンス

【読み方】:アボセンス 「アボセンス」とはGoogleの広告サービス「アドセンス」の隠語である。 アドセンスはユーザーのWeb上に掲載したアドセンス広告がクリックされると報酬がユーザーへと入るサービス。 しかし規約に違反… >>アボセンスの意味/元ネタを読む

スニペット

【読み方】:スニペット 「スニペット」とは検索結果における説明文を意味するネット用語である。 英語のスペルは「snippet」であり直訳すると「断片」という意味。 サイトの内容の断片を検索結果に表示するということで「スニ… >>スニペットの意味/元ネタを読む

リッチスニペット

【読み方】:リッチスニペット 「リッチスニペット」とは検索結果において、より詳細なページの説明を掲載するGoogleの機能である。 これまでは単なる「スニペット」と呼ばれるサイトの説明文のみが表示されていたが、リッチスニ… >>リッチスニペットの意味/元ネタを読む

ドロイド君

【読み方】:ドロイドクン 「ドロイド君」とはAndroidのマスコットキャラクターであある。 緑色のドーム型をしており、スマートフォン等でAndroidのOSを使用していると眼にすることが出来る。 名称の由来はOSの名称… >>ドロイド君の意味/元ネタを読む

検索妨害

【読み方】:ケンサクボウガイ 「検索妨害」とは自らのサイト、ページにおいて正確ではない情報を多数掲載することにより検索結果に悪影響を及ぼす行為のことである。 例えば実際には全く関係の無いページにも関わらず「カメラ/カメラ… >>検索妨害の意味/元ネタを読む

パンダアップデート

【読み方】:パンダアップデート 「パンダアップデート」とはGoogleにおける検索エンジンの順位表示アルゴリズムの改善、修正を意味する言葉である。 検索エンジンは常によりユーザーが検索に満足する事が出来る様な表示順を求め… >>パンダアップデートの意味/元ネタを読む

アドワーズ

【読み方】:アドワーズ 「アドワーズ」とはGoogleが提供するクリック課金広告の出稿サービスである。 Google及びGoogleが提供する検索エンジンやアドセンスにおける広告枠に広告を出稿することができる。 検索連動… >>アドワーズの意味/元ネタを読む

一日目安上限

【読み方】:イチニチメヤスジョウゲン 「一日目安上限」とはweb広告出稿時における1日の予算額の事である。 web広告は路上の広告と違い、インプレッション数やクリック数で単価が決まる場合は1日の広告金額がバラバラである事… >>一日目安上限の意味/元ネタを読む

サーチエンジン

【読み方】:サーチエンジン 「サーチエンジン」とは調べたい言葉を入力しインターネット上における該当の言葉に関係した情報を探すことができるシステム、サービスである。 日本ではYahoo!JAPANやGoogleが有名。 「… >>サーチエンジンの意味/元ネタを読む