海外に関する用語集

ディプロマミル

【読み方】:ディプロマミル 「ディプロマミル」とは金銭と引き換えに学位を与える組織のことを指す言葉である。 アメリカにおいては入学や卒業が非常に簡単な大学のことを指すスラングとして用いられることもある。 「ディグリーミル… >>ディプロマミルの意味/元ネタを読む

XD

【読み方】:エックスディー 「XD」とは笑顔を意味する英語圏のスラング、顔文字である。 英語圏では顔文字を縦にして見る習慣があり「XD」は目をバッテンにして、口を大きく開けている様な表情を指している。 日本風の顔文字とし… >>XDの意味/元ネタを読む

TTYL(Talk To You Later)

【読み方】:ティーティーワイエル 「TTYL」とは「Talk To You Later」の略であり「またあとで」を意味する海外のスラングである。 英語圏では、文章や言い回しを省略して書く文化がありTTYLもそうした略語1… >>TTYL(Talk To You Later)の意味/元ネタを読む

B4

【読み方】:ビフォー 「B4」とは「Before」を意味するスラングである。 主に英語圏において用いられる表現であり「Before」と読みが似ており書く際やキーボードで入力する際に省略できることから使用されている。 イン… >>B4の意味/元ネタを読む

PPS

【読み方】:ピーピーエス 「PPS」とは「Post-postscript」の略で「追伸の追伸」を意味するスラングである。 手紙やメールなどにおいて追伸を書いた上で更に追伸をしたいときに用いられる。 PSの更なるPS。 主… >>PPSの意味/元ネタを読む

ppl

【読み方】ピーピーエル 「ppl」とは「people」を意味するスラングである。 英語圏において用いられている。 peopleは「皆」や「人々」などを意味する英語で、オンラインゲームのチャットなどではそこにいる皆を漠然と… >>pplの意味/元ネタを読む

woot

【読み方】:ウートゥ 「woot」とは「やったー」を意味するスラングである。 英語圏において用いられている表現。 例えばオンラインゲームにおいて強敵を倒した時の喜びの言葉として「woot! woot!」などと書き込む。 … >>wootの意味/元ネタを読む

WTG

【読み方】:ウェイトゥーゴー 「WTG」とは「way to go」の略で「頑張れ」や「やってみろ」などを意味するスラングである。 主に英語圏において用いられている表現。 何か他の人物が新しいことをやってみようと考えている… >>WTGの意味/元ネタを読む

ZOMG!

【読み方】:ゼットオーマイガ 「ZOMG!」とは「Z級のOMG」の略であり、とても驚いている様子を表すスラングである。 OMGは「Oh my god」の略で直訳すると「なんてこった」などとなる。 ZOMG!はこのOMGに… >>ZOMG!の意味/元ネタを読む

BTW(by the way)

【読み方】:ビーティーダブリュー 「BTW」とは「by the way」の略で「ところで」を意味するスラングである。 話を変える時に利用する「by the way」の頭文字をとってBTWとしたもの。 主に英語圏において用… >>BTW(by the way)の意味/元ネタを読む

ROFL(Rolling on the floor laughing)

【読み方】:アールオーエフエル 「ROFL」とは「rolling on the floor laughing」の略で、「床を転がり回るほど笑った」ことを意味するスラングである。 主に英語圏の国において用いられているスラン… >>ROFL(Rolling on the floor laughing)の意味/元ネタを読む

lmao

【読み方】:エルエムエーオー 「lmao」とは「laughing my ass off」の略で、「爆笑」などを意味するスラングである。 主に英語圏において用いられているスラングで、腹の底から笑ったという状況を意味している… >>lmaoの意味/元ネタを読む

HRU?(How are you?)

【読み方】:エイチアールユー 「HRU?」とは「How are you?」を意味するスラング。 主に英語圏において用いられているスラングであり、「調子どう?」といったような意味。 チャット上での挨拶として広く利用されてお… >>HRU?(How are you?)の意味/元ネタを読む

FML

【読み方】:ファック マイ ライフ 「FML」は「Fuck My Life」の略で「マジ最悪!」という意味のスラングである。 主に英語圏で頻繁に用いられている言葉であり、何か嫌なことがあった時に書き込まれる。 例えば今日… >>FMLの意味/元ネタを読む

TYVM(Thank you very much)

【読み方】:サンキューベリーマッチ 「TYVM」とは「Thank you very much」の略で「ありがとう」を意味するネットスラング。 単なるthank youではなくvery muchが付いているため「本当にあり… >>TYVM(Thank you very much)の意味/元ネタを読む

2BCTND

【読み方】:トゥービーコンティニュード 「2BCTND」とは「To Be Continued」の略で「つづく」を意味するネットスラングである。 主に英語圏において用いられているスラングであり、物語や文章の最後に使われる。… >>2BCTNDの意味/元ネタを読む

AAMOF

【読み方】:アズアマターオブファクト 「AAMOF」とは「as a matter of fact」の略で「実は○○」を意味するスラングである。 主に英語圏でのチャットやメールにおいて利用されている。 文章の最初に「AAM… >>AAMOFの意味/元ネタを読む

TTTT(To Tell The Truth)

【読み方】:ティーティーティーティー 「TTTT」とは「To Tell The Truth」の略で「本当のことを言うと」を意味するネットスラングである。 海外で良く使われるスラングであり、「実はね…」といった様な意味合い… >>TTTT(To Tell The Truth)の意味/元ネタを読む

BRB

【読み方】:ビーアールビー 「BRB」とは「be right back」の略で「すぐに戻る」を意味するネットスラングである。 主に英語圏のユーザーの間で用いられている。 例えばオンラインゲーム上のチャット中にトイレへと行… >>BRBの意味/元ネタを読む

AFAIK

【読み方】:アズファーアズアイノウ 「AFAIK」とは「as far as I know」の略であり、「私の知る限りでは」を意味するネットスラングである。 主に英語圏において用いられる。 OMGの様に本来はいくつかの単語… >>AFAIKの意味/元ネタを読む

ヤパニネイト

【読み方】:ヤパニネイト 「ヤパニネイト」とは日本の領土を擬人化したものである。 フィンランドの学生が行った擬人化したキャラクター。 フィンランドでは古くからスオミネイトと呼ばれる、国土を女性に例えたイラストを描く文化が… >>ヤパニネイトの意味/元ネタを読む

ナード

【読み方】:ナード 「ナード」とは特定の知識を豊富に持った内向的な人物のことである。 いわゆるオタク。 特定の分野において、異常とも言える知識を持っているが社交性が低く内向きな性格の持ち主。英語のスペルはNerdであり、… >>ナードの意味/元ネタを読む

yup

【読み方】:ヤッ 「yup」とは「YES」を意味するネットスラングである。 主に海外で使われており、軽い承諾の意味として用いられている。 特に口語として用いられており、それがインターネット上でもそのまま使われるようになっ… >>yupの意味/元ネタを読む

omg

【読み方】:オーマイガ 「omg」とは「oh my god」を意味するネットスラングである。 海外で非常に良く使われるスラングであり「なんてこった!」や「ああ、神よ!」などと訳すことができる。 何か天に祈りたくなるような… >>omgの意味/元ネタを読む

hun

【読み方】:ハン 「hun」とは「honey」を意味するネットスラングである。 海外で用いられているネットスラングで、文章の最後に「bye hun」などと書くことがある。 honeyは日本語での「ハニー」を意味する英語で… >>hunの意味/元ネタを読む