巨人に関する用語集

重いコンダラ

【読み方】:オモイコンダラ 「重いコンダラ」とは整地ローラーの俗語である。 整地ローラーはグラウンドの整備に用いられる、円筒に人が引くための柄がついたもの。 元ネタはアニメ「巨人の星」におけるOPの歌詞。 主人公である星… >>重いコンダラの意味/元ネタを読む

PP長野

【読み方】:ピーピーチョウノ 「PP長野」とは、読売ジャイアンツ選手の長野久義のことである。 プロ入り後、2013年のWBC前の不調な時期に本人から「打てなくてピーピー言われていますけど、本番に入ったら任せてください」と… >>PP長野の意味/元ネタを読む

内海の中の内海

【読み方】:ウツミノナカノウツミ 「内海の中の内海」とはジャイアンツ原辰徳監督がラジオ内で発した言葉である。 それまでも「論ずるに値しない(論値)「偽侍」など 個性豊かな言葉で内海を評していた原監督であったが 2011年… >>内海の中の内海の意味/元ネタを読む

虚弱パンダ

【読み方】:キョジャクパンダ 「虚弱パンダ」とはジャイアンツ高橋由伸選手のことである。 高橋選手は新人時代から才能を高く評価され 将来の中心選手と期待されたが怪我も多く試合に出られない期間が長かったため虚弱体質のイメージ… >>虚弱パンダの意味/元ネタを読む

今のは、空中イレギュラーでした

【読み方】:イマノハ クウチュウイレギュラーデシタ 「今のは、空中イレギュラーでした」とはエラーをした時の言訳である。 元ネタは張本勲氏のセリフ。 読売ジャイアンツに所属していた張本氏は守備の際にエラーが多いことで知られ… >>今のは、空中イレギュラーでしたの意味/元ネタを読む

切り替えていく

【読み方】:キリカエテイク 「切り替えていく」残念な結果となった時に気持ちを切り替えていく時に発する言葉である。 元ネタは巨人監督の原辰徳の言葉。 開幕戦において、東京ヤクルトスワローズに0-4で敗れてしまった時のコメン… >>切り替えていくの意味/元ネタを読む

タフィーも呆れとったわ

【読み方】:タフィーモアキレトッタワ 「タフィーも呆れとったわ」とは清原和博のセリフである。 元ネタは2005年の4月21日における巨人対阪神戦。 ホームラン数が499となっていた清原と対戦した藤川球児がフルカウントの時… >>タフィーも呆れとったわの意味/元ネタを読む

AHRA

【読み方】:アーラ 「AHRA」とは巨人の原辰徳監督の愛称である。 元ネタは2chにおけるスレッド「AHRAのクソ采配」というもの。本来であれば「HARAのクソ采配」であったが、誤ってAHRAとした。 何かした試合の中で… >>AHRAの意味/元ネタを読む

与えられねーわ

【読み方】:アタエラレネーワ 「与えられねーわ」とはレギュラーポジションを与えられないことを伝える言葉である。 元ネタはテレビ番組「S☆1」における「巨人外野レギュラー争奪戦 場外乱闘番外編」というコーナー。ここに登場し… >>与えられねーわの意味/元ネタを読む

ヤバ杉内

【読み方】:ヤバスギウチ 「ヤバ杉内」とは「やばすぎる」ことを意味するスラングである。 「やばすぎる」と巨人の杉内投手を組み合わせた造語。 主になんJを中心として用いられている。 特に杉内投手と関係がない場所でも用いられ… >>ヤバ杉内の意味/元ネタを読む

マシソンじゃねーか

【読み方】:マシソンジャネーカ 「マシソンじゃねーか」とは「本当だ」を意味するスラングである。 元ネタは「【巨人】マシソンのリュックサックwwwwwwwwww」というスレッド。 巨人に所属するプロ野球選手マシソンのリュッ… >>マシソンじゃねーかの意味/元ネタを読む