データベースに関する用語集

Oracle RAC(Oracle Real Application Clusters)

「Oracle RAC」とはOracle Real Application Clustersの略称で、オラクル社が開発、提供するデータベースの関連機能の一つである。 データベースを複数のサーバに分散して処理することでデー… >>Oracle RAC(Oracle Real Application Clusters)の意味/元ネタを読む

BLOB(Binary Large Object)

【読み方】:ビーエルオービー 「BLOB」とはBinary Large Objectの略称であり、データベース管理システムで扱うデータ型の一つである。 数値やテキストを格納する他のデータ型と異なり、BLOBではバイナリデ… >>BLOB(Binary Large Object)の意味/元ネタを読む

OLAP(On-line Analytical Processing)

OLAPとはOn-line Analytical Processingの略称で、データベースに蓄積されたデータについて複雑な分析を行い、ユーザーへ分かりやすく結果を出力する処理のことである。 OLAPにより、例えばデータ… >>OLAP(On-line Analytical Processing)の意味/元ネタを読む

リレーショナルデータベース

【読み方】:リレーショナルデータベース リレーショナルデータベースとはデータを管理する方法の1つである。 リレーショナルでは行(row)と列(column)の二次元で構成される表(table)の形式でデータ構造を表現する… >>リレーショナルデータベースの意味/元ネタを読む

データウェアハウス

【読み方】:データウェアハウス データウェアハウスとは、企業活動で発生した情報を蓄積し、後に分析するための元データを格納する大規模データベースのことである。このデータベースを元に各種分析や意思決定を円滑に行うことができる… >>データウェアハウスの意味/元ネタを読む

マテリアライズドビュー

【読み方】:マテリアライズドビュー マテリアライズドビューとは、データベースへの再問い合わせが不要な検索結果閲覧ビューである。 ビューとは、データベースのテーブルに対して何らかの条件でデータを抽出し、結果をユーザーに表示… >>マテリアライズドビューの意味/元ネタを読む

チェックポイント(データベース)

【読み方】:チェックポイント チェックポイントとは、システムによりデータベースの内容が外部記憶装置に書き込まれた直近の時点のことである。 データベース管理システムでは、データベースへの更新処理はまずメモリ上で実行され、一… >>チェックポイント(データベース)の意味/元ネタを読む

リレーションシップ

【読み方】:リレーションシップ リレーションシップとは、一般に「関係」を意味する用語で様々な領域で使われるが、情報システムの分野では特にリレーショナルデータベース管理システムにおいて、テーブル同士を関連付けることを意味す… >>リレーションシップの意味/元ネタを読む

ELT(Extract/Transform/Load)

【読み方】:イーエルティー 「ELT」とは、Extract/Transform/Loadの頭文字を組合せて作られた略称であり、情報システムに蓄積されたデータを抽出して加工し、そしてデータベースへ書き込む一連の工程を表した… >>ELT(Extract/Transform/Load)の意味/元ネタを読む

DDL(Data Definition Language)、データ定義言語

【読み方】:ディーディーエル 「DDL」とはData Definition Languageの略称であり、SQLの一部である。日本語表記では「データ定義言語」と訳される。 DDLはテーブルの作成や変更、削除などテーブル構… >>DDL(Data Definition Language)、データ定義言語の意味/元ネタを読む

冗長性

【読み方】:ジョウチョウセイ 「冗長性」とは、情報理論の分野で言えばデータ転送において必要最小限以上の情報を付加した状態のことである。 データに冗長性を持たせる理由は、安定的にデータ転送を行うためである。 一般にデータ転… >>冗長性の意味/元ネタを読む

ストアドプロシージャ

【読み方】:ストアドプロシージャ 「ストアドプロシージャ」とはデータベースを操作する一連の手続きをまとめたものである。 ストアドプロシージャでは、SQL文をはじめとし、その他データベース管理システムに対応した構文(分岐条… >>ストアドプロシージャの意味/元ネタを読む

ODBC

【読み方】:オーディービーシー 「ODBC」とはアプリケーションソフトウェアからデータベースにアクセスするための共通インターフェースである。 1991年にマイクロソフト社により提唱された。 データベースには様々な種類があ… >>ODBCの意味/元ネタを読む

LINQ(Language INtegrated Query)、統合言語クエリ

「LINQ」とはソフトウェアコード内に記述することが出来るクエリである。 Language INtegrated Queryの略称であり、日本語表記では「統合言語クエリ」と表される。 クエリとは、一般にリレーショナルデー… >>LINQ(Language INtegrated Query)、統合言語クエリの意味/元ネタを読む

RAC

【読み方】:アールエーシー 「RAC」とはオラクル社提供のデータベース管理システムが有する機能の一つで、複数のサーバに処理を分散させる機能である。 RACにより大量のトランザクションが発生しても負荷分散されることで、シス… >>RACの意味/元ネタを読む

レプリケーション

【読み方】:レプリケーション 「レプリケーション」とはデータベースの内容を別のデータベースに複製(レプリケート)し、その内容を常時同期させておく機能である。 データベース管理システムが有する機能の一つ。 レプリケーション… >>レプリケーションの意味/元ネタを読む

トランザクション

【読み方】:トランザクション 「トランザクション」とはひとつのまとまった処理を表す言葉で、 分割することが出来ない複数の処理から構成された処理単位である。 特にデータベース周りの処理で多く用いられてきた概念である。 例え… >>トランザクションの意味/元ネタを読む

SQLインジェクション

【読み方】:エスキューエルインジェクション 「SQLインジェクション」とはデータベースを利用するWebサイト等のシステムの脆弱性を利用して、不正に情報アクセスをしようとする攻撃の一つである。 多くのWebサイトでは、顧客… >>SQLインジェクションの意味/元ネタを読む