スポーツに関する用語集

大宮のラインコントロール

【読み方】:オオミヤノラインコントロール 「大宮のラインコントロール」とはプロサッカークラブ大宮アルディージャがJ1への残留ラインギリギリに自らの勝ち点をコントロールすることである。 大宮アルディージャは毎年J1残留争い… >>大宮のラインコントロールの意味/元ネタを読む

美ジョガー

【読み方】:ビジョガー 「美ジョガー」とは美しいジョギングをする女性のことである。 ジョガーはジョギングをする人物をことを指す言葉であり、このジョガーが美しいことから美ジョガーと呼ぶ。 近年ジョギングを健康法として実践す… >>美ジョガーの意味/元ネタを読む

豆腐フィジカル

【読み方】:トウフフィジカル 「豆腐フィジカル」とは触っただけで崩れてしまう様なひ弱なフィジカルのことである。 元々は豆腐メンタルというひ弱な精神についてを指す言葉があり、それのフィジカル版として産まれた言葉。 サッカー… >>豆腐フィジカルの意味/元ネタを読む

コクのあるボール

【読み方】:コクノアルボール 「コクのあるボール」とはキレのあるボールでもなく、ノビのあるボールでもないボールのことである。 実際にどのようなボールかは不明だが、 元ネタはテレビ番組「すぽると!」において野村弘樹氏が話し… >>コクのあるボールの意味/元ネタを読む

イチロイド

【読み方】:イチロイド 「イチロイド」とはプロ野球選手のイチローを活力とする人間が服用しているとされるものである。ステロイドとイチローを掛け合わせた造語。 イチローは長年日米で活躍しているプロ野球選手で、同選手を尊敬する… >>イチロイドの意味/元ネタを読む

ドームラン

【読み方】:ドームラン 「ドームラン」とは東京ドームで起こる特殊なホームランの事である。 東京ドームではドームであることや空調などにより、単なるフライと思われるボールがホームランとなることがある。 そうしたホームランを東… >>ドームランの意味/元ネタを読む

ゴルシ

【読み方】:ゴルシ 「ゴルシ」とは競走馬ゴールドシップの愛称である。 インターネット上では、競走馬を略して呼ぶ傾向にあり(ダイワスカーレットをダスカなど)、ゴルシもそうした略して呼ばれているものである。 ゴールドシップは… >>ゴルシの意味/元ネタを読む

なおマ(なお、マリナーズは敗れた模様)

【読み方】:ナオマ 「なおマ」とは「なお、マリナーズは敗れた模様」の略である。 イチローが在籍していた時、イチローが打っているにも関わらずチームとしては負けてしまうことが多いことから 「イチローが活躍。なお、マリナーズは… >>なおマ(なお、マリナーズは敗れた模様)の意味/元ネタを読む

大正義巨人軍

【読み方】:ダイセイギキョジングン 「大正義巨人軍」とはプロ野球球団の読売巨人軍の愛称である。 多くの有名選手を獲得し、好成績をあげていく姿から 巨人軍こそが正義であるという考えを持った人が使用する。 これは、本当に正義… >>大正義巨人軍の意味/元ネタを読む

虚塵

【読み方】:キョジン 「虚塵」とはプロ野球球団の「読売ジャイアンツ」の蔑称である。 読売ジャイアンツは愛称で巨人と呼ばれることが一般的。 虚塵はそうしたキョジンという読み方だけ同じで他の漢字をあてたもの。 主にアンチ巨人… >>虚塵の意味/元ネタを読む

水戸ナチオ

【読み方】:ミトナチオ 「水戸ナチオ」とはJリーグの水戸ホーリーオックスの守備スタイルのことである。 イタリア代表の守備的スタイルが「カテナチオ」と呼ばれており、同様の超守備的なスタイルをとることから「水戸ナチオ」と呼ば… >>水戸ナチオの意味/元ネタを読む

辛いさん

【読み方】:ツライサン 「辛いさん」とはプロ野球選手の新井貴浩の愛称である。 主にインターネット上では2chの野球関連の掲示板において用いられている。 こうした辛いさんの理由は2007年オフシーズンの時にFAで阪神タイガ… >>辛いさんの意味/元ネタを読む

カイエン青山

【読み方】:カイエンアオヤマ 「カイエン青山」とはプロ野球選手斎藤佑樹の愛称である。 テレビ番組において「カイエン乗りてぇ」「青山に土地買うってやばいっすか?」「うわぁ頑張ろう」「ビッグになろう」などと発言したことから「… >>カイエン青山の意味/元ネタを読む

モヒョ

【読み方】:モヒョ 「モヒョ」とはアメフトにおけるターンオーバーを意味するスラングである。 2chのアメフト実況板において用いられることが多い。 ターンオーバーとはファンブルしたボールを守備側がリカバーすることや、インタ… >>モヒョの意味/元ネタを読む

荒ぶる有袋類

【読み方】:アラブルユウタイルイ 「荒ぶる有袋類」とは中日ドラゴンズにおけるマスコットキャラクター「ドアラ」の愛称である。 元ネタは「荒ぶる鷹のポーズ」であると考えられる。「荒ぶる鷹のポーズ」は小説「神様家族」における一… >>荒ぶる有袋類の意味/元ネタを読む

トーレス師匠

【読み方】:トーレスシショウ 「トーレス師匠」とはサッカー選手のフェルナンドトーレスの愛称である。 2chを中心としたインターネット上のサッカーに関するコミュニティにおいて師匠はFWであるがゴールを非常に良く外すようなプ… >>トーレス師匠の意味/元ネタを読む

一緒や!打っても!

【読み方】:イッショヤ ウッテモ 「一緒や!打っても!」とは野球において投手陣が壊滅状態になった時に書き込まれる言葉である。 元ネタは片岡篤史が、日本ハムに在籍している時に ふがいない投手陣に対して絶叫したときの発言。 … >>一緒や!打っても!の意味/元ネタを読む

サンキューカッス

【読み方】:サンキューカッス 「サンキューカッス」とは巨人の小笠原選手が凡退した時などに使用する言葉である。 カッスはインターネット上で使用されている 小笠原選手の蔑称であり「ガッツ」の愛称から。 元ネタは以下の書き込み… >>サンキューカッスの意味/元ネタを読む

おお、もう…

【読み方】:オオ、モウ 「おお、もう…」とは嘆き悲しむ時に使用する言葉である。 元ネタは当時阪神タイガースの監督だった岡田氏のコメント。 2005年7月24日に試合で負けた際に インタビュアーが「前日と同じような敗戦です… >>おお、もう…の意味/元ネタを読む

正直、スマンカッタ

【読み方】:ショウジキスマンカッタ 「正直、スマンカッタ」とは申し訳ないと思った時に発する言葉である。 元ネタはプロレスラー佐々木健介の発言。 佐々木健介が藤田和之とタイトルマッチをおこなうはずが その対戦前にスコット・… >>正直、スマンカッタの意味/元ネタを読む

片ヤオ

【読み方】:カタヤオ 「片ヤオ」とは片方がわざと負け、もう片方がそうした事情をしらないことである。 つまり片方だけが八百長をおこなっている状態。 そのため「片方八百長」→「片ヤオ」と呼ばれる。 興行系のスポーツにおいて … >>片ヤオの意味/元ネタを読む

宅球

【読み方】:タッキュウ 「宅球」とは卓球を意味する隠語である。 本来は卓球であるが、あまりスポーツらしくなく オタクがおこなうような球技であることからこの名が蔑称として付けられた。 蔑称であるため、宅球と書き込むと 卓球… >>宅球の意味/元ネタを読む

ひらつ化

【読み方】:ヒラツカ 「ひらつ化」とはJリーグにおいて元々はJ1にいたチームがJ2に落ちてなかなかJ1へと復活できないことである。 以前は中田英寿も在籍していたベルマーレ平塚がJ2に落ちてJ1へと復帰できないことから 同… >>ひらつ化の意味/元ネタを読む

トゥギャ崎

【読み方】:トゥギャサキ 「トゥギャ崎」とは高崎健康福祉大学高崎高等学校の愛称である。 2012年春の選抜において甲子園初出場で初勝利し校歌が流れた際に、そのポップな歌詞から注目を浴びた。 特に校歌最初の「Be toge… >>トゥギャ崎の意味/元ネタを読む

グータッチ

【読み方】:グータッチ 「グータッチ」とは嬉しい事があった時に堅く握ったコブシ同士をぶつける仕草の事である。 以前からあった仕草であるが 巨人の原辰徳が生還したチームメイトにグータッチで出迎える事から知名度が増した。 グ… >>グータッチの意味/元ネタを読む