アニメ用語集

ぬかしおる

【読み方】:ヌカシオル 「ぬかしおる」とはマンガ「日常」において笹原幸治郎が桜井先生に向けた言った台詞である。 テレビアニメ版日常では4話に登場した。 一般的な意味としては「ぬかす+居る」で「堂々と言った」または、「言う… >>ぬかしおるの意味/元ネタを読む

もきゅもきゅ

【読み方】:モキュモキュ 「もきゅもきゅ」とは可愛いを意味する若者言葉である。 特にふわふわとした可愛いものを指す。 単に「もきゅ」とも呼ぶ。 セブンティーンにおいて「『あのコ、もきゅきゅだね』って使うとラブリー感がアッ… >>もきゅもきゅの意味/元ネタを読む

萌え豚

【読み方】:モエブタ 「萌え豚」とは二次元の女性キャラクターに対して愛情を寄せる、体格が良い人物の事である。 一般的に萌え系と呼ばれる様なアニメ、ゲームコンテンツを好む。 そうした萌えを好む、太った容姿から「萌え豚」とい… >>萌え豚の意味/元ネタを読む

ブヒる

【読み方】:ブヒル 「ブヒる」とは萌えとほぼ同じ意味を表す言葉である。 「萌え豚」と呼ばれるオタクの人が、二次元の女性に萌えた際に「萌え〜」の代わりに「ブヒー」などと発言する行為である。 元々萌え豚は太っているオタクへの… >>ブヒるの意味/元ネタを読む

黒歴史

【読み方】:クロレキシ 「黒歴史」とは触れてほしくない過去の事を表す言葉である。 元ネタはテレビアニメ「∀ガンダム」において正歴以前のすでに滅亡している古代の宇宙文明の総称。 ここから派生して隠してある過去や恥ずかしくて… >>黒歴史の意味/元ネタを読む

マダオ

【読み方】:マダオ 「マダオ」とは「まるでダメなオッサン」の略である。 元ネタはマンガ「銀魂」における登場人物「長谷川泰三」の別名。 他にも「まるでダメなお寿司屋さん」などの略としても使用されることがある。 アニメ版銀魂… >>マダオの意味/元ネタを読む

ありえんてぃー

【読み方】:アリエンティー 「ありえんてぃー」とは世間の常識では有り得ない事柄を目の当たりにした際に発する若者言葉である。 語源はジブリアニメ「仮暮らしのアリエッティ」もしくはNHKのイタリア語講座の「アリエンティ先生」… >>ありえんてぃーの意味/元ネタを読む

スラマッパギ

【読み方】:スラマッパギ 「スラマッパギ」とはインドネシア語で「おはよう」を意味する言葉である。 インターネット上で有名となったのはテレビアニメ「日常」において主要キャラクターの相生祐子が朝の挨拶で「スラマッパギ」と発言… >>スラマッパギの意味/元ネタを読む

CLANNADは人生

【読み方】:クラナドハジンセイ 「CLANNADは人生」とはインターネット上でみられるコピペの1つである。 CLANNADを制作したゲームメーカーがkeyというエロゲメーカーであったことから、エロゲであると勘違いしている… >>CLANNADは人生の意味/元ネタを読む

キマシタワー!!!

【読み方】:キマシタワー 「キマシタワー!!!」とはアニメやマンガにおいて女性キャラクター同士が同性愛、もしくはそれに似た行為を行った際に使用する言葉である。 特にテレビアニメ「ストロベリー・パニック!」のキャラクター「… >>キマシタワー!!!の意味/元ネタを読む

ずっと俺のターン

【読み方】:ズットオレノターン 「ずっと俺のターン」とはトレーディングカードにおいて連続して自らの攻撃ターンである状態を指す言葉である。 転じてトレーディングカードに限らずに自らの行動、攻撃が続く状態全般を指すこともある… >>ずっと俺のターンの意味/元ネタを読む

顎アニメ

【読み方】:アゴアニメ 「顎アニメ」とは東映アニメーション版「Kanon」の別称である。 語源、由来は東映アニメーション版でのキャラクターデザインが通常のアニメよりも人物の口が上に配置され、顎が長く強調されていたことから… >>顎アニメの意味/元ネタを読む

ヤシガニアニメ

【読み方】:ヤシガニアニメ 「ヤシガニアニメ」とは出来が悪いアニメを罵倒する言葉である。 発祥、語源はテレビアニメ 「ロスト・ユニバース」の第4話 「ヤシガニ屠る」(1998年4月24日放映)の出来が悪かったこと。 この… >>ヤシガニアニメの意味/元ネタを読む

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

【読み方】:ビャアウマイイ 「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛」とはテレビアニメ「サザエさん」作品No.5875 「父さん 発明の母」においてフグ田マスオが発した言葉である。 同話では磯野波平が実演販売の人から購入した「… >>びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛の意味/元ネタを読む

二次コン

【読み方】:ニジコン 「二次コン」とは二次元コンテンツ、特にアニメにハマり三次元の人物に興味が無くなった人事を指す言葉である。 「二次元コンプレックス」の略。 アニメキャラクターを自分の恋人、嫁としたい人々。 但し、三次… >>二次コンの意味/元ネタを読む

○ー○ー○ー○

【読み方】:セーラームーン 「○ー○ー○ー○」とは美少女戦士セーラームーンを指す隠語である。 特徴的な「ー」4つによりオタクやアニメ好きならば誰でも分かること、オタク以外の人が見た時に「モーターボート」などと勘違いしてく… >>○ー○ー○ー○の意味/元ネタを読む

痛い

【読み方】:イタイ 「痛い」とは通常とは異なる行動、発言により周囲から痛々しく思われる様子を指す形容詞である。 一般的に「痛い」は痛覚の痛みであるがインターネット上では主に ■発言や行動が通常と異なる、非常識 ■発言や行… >>痛いの意味/元ネタを読む

痛車

【読み方】:イタシャ 「痛車」とはアニメやゲームなど2次元のイラストが掲載された自動車の通称である。 イタリア製の車を指す「イタ車」をもじり自嘲的に呼びだしたとされる。 ここでの「痛」とは行動が周囲の場から浮いていること… >>痛車の意味/元ネタを読む

モブキャラ

【読み方】:モブキャラ 「モブキャラ」とは漫画、アニメ、ゲーム等における端役の事である。 主要キャラクター以外の群衆であり、存在が物語に影響しないキャラクターを指す。 単にモブと呼ぶこともある。 モブとは英語の「Mob」… >>モブキャラの意味/元ネタを読む

ホビロン

【読み方】:ホビロン 「ホビロン」とは「本当びっくりするほど論外」の略語。 発祥はテレビアニメ「花咲くいろは」内で登場人物が「死ね!」という言葉の代わりに使用した同語。食用のホビロンになぞらえたと考えられる。 独特の言葉… >>ホビロンの意味/元ネタを読む

黒化、黒姫化

【読み方】:クロカ 黒化とはアニメやマンガ、ゲームにおける登場キャラクターあることをきっかけとして突如邪悪な考え、行動を行う様に変化する事を指す言葉である。 パターンとしては ■心の奥で密かに眠っていた邪悪な考えが露呈す… >>黒化、黒姫化の意味/元ネタを読む

白化、白姫化

「白化」とはアニメやマンガ、ゲームにおいて邪悪な考えや行動をしていたキャラクターが、あることをきっかけとして善良な考え、行動に変化することを指す。 女性キャラクターの場合「白姫化」と呼ぶ。 マンガなどのコンテンツにおいて… >>白化、白姫化の意味/元ネタを読む

BLEACH100users入り

【読み方】:ブリーチヒャクユーザーズイリ BLEACH100users入りとはイラスト投稿サイト「pixiv」においてマンガ「BLEACH」に関連する作品のブックマーク登録数が100を超えた場合につけられるタグである。 … >>BLEACH100users入りの意味/元ネタを読む

GIFアニメ

【読み方】:ジフアニメ GIFアニメとは、GIF画像を何枚も重ねることでアニメーションの様に動く画像の事である。 例えば以下の様なものがある。 GIFアニメは他にも画像が切り替わるバナー広告などにも使用されることがあり、… >>GIFアニメの意味/元ネタを読む