ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>ARPPU(Average Revenue Per Payed User)

ARPPU(Average Revenue Per Payed User)

【分類】: , ,

【読み方】:エーアールピーピーユー

「ARPPU」とは「Average Revenue Per Payed User」の略で、課金ユーザーの平均課金額を意味する言葉である。

ソーシャルゲームなどにおいて何かしらの課金を行っているユーザーを対象として、平均の課金額を表す数値となる。
課金ユーザーが一定の数いる場合、このARPPUが高ければ高い程、高収益を上げることができる。

計算方法としては課金による売上を課金ユーザー数で割ったもの。
例えば1000万円の売上があり、課金ユーザーが1万人の場合、ARPPUは1000円となる。

ソーシャルゲームやオンラインゲームの運営会社においては重要な指標の1つとなっている。
またARPPUが上がるとその分課金ユーザーが減ることもあり、そのバランスをコントロールする必要がある。

「ARPPU(Average Revenue Per Payed User)」に関連するネット用語