ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>一人ビールかけ

一人ビールかけ

【分類】:

【読み方】:ヒトリビールカケ

「一人ビールかけ」とは、2011年中日ドラゴンズのセ・リーグ優勝祝勝会における、中日新聞社代表取締役社長坂井克彦のビールかけの様子である。

野球ではそれぞれのリーグで優勝した際にビールを掛け合う風習がある。これは選手だけでなく監督・コーチ、オーナーなどが互いにビールを掛け合う。

もちろん2011年の優勝祝勝会でも行われたわけだが、球団オーナーであった坂井克彦には誰もビールを掛けなかったため、坂井克彦は一人でちびちびと自分の手にビールを掛けることになった。

この背景として坂井克彦は非常に選手や監督から嫌われていたことがあるとされる。

中日が試合に負けた際にガッツポーズをしたことが報道されたこともあり、内部でも監督には冷たくあたっており、異例のシーズン内での監督解任を発表したり、コーチ陣を解任させたりしていた。

しかし結局中日が優勝したため、監督や選手が喜び合う中、坂井克彦は一人ぼっちとなってしまったと考えられる。

「一人ビールかけ」に関連するネット用語