ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>クローニング(情報システム)

クローニング(情報システム)

【分類】:

【読み方】:クローニング

クローニングとは一般に複製を意味する用語であるが、情報システムの分野では、ある環境のOSやアプリケーションを別の環境に全く同じ状態でコピーすることである。

仮想化環境では特にOSやハードウェアがソフトウェア的に抽象化(仮想化)されてファイルとして扱うことが出来るため、クローニングすることも比較的容易である。そのため、多くの仮想化ソフトウェアにはクローニング機能を有するツールが付属されている。

クローニング先ではクローニングの元になる環境と全く同じように動作するため、同一環境が複数必要な場合などは、クローニングにより環境を配布することでコスト削減や管理工数の削減が期待できる。

なお、クローニング時はシステム構成のみならずその時の各種の設定値も含めて複製が行われ、環境のバックアップとしての用途も検討されることがある。

「クローニング(情報システム)」に関連するネット用語