ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>フェイルオーバー

フェイルオーバー

【分類】: ,

【読み方】:フェイルオーバー

フェイルオーバーとは、運用系コンピュターシステムに障害が発生した時、自動的に待機系のシステムに処理が切り替わることである。情報システムの可用性と信頼性を高める有効なアーキテクチャの一つである。

障害発生時にはシステム側の内部で切り替え処理が発生するが、システムが提供するサービスはシームレスに継続することができるため、ユーザーは障害が発生したことを認識すること無くサービスを利用し続けることが出来る。

フェイルオーバーの実現方法としては、通常運用させるサーバと切り替え先の待機系サーバを用意し、常に両者が同期を取りながら稼働させる方法が一般的である。その他、一台のサーバマシンに運用系と待機系の二種類のハードウェアコンポーネントを実装し、両コンポーネントが互いに同期を取りながら稼働するフォールトトレラントサーバの方式がある。

「フェイルオーバー」に関連するネット用語