ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>ローカルストレージ

ローカルストレージ

【分類】: ,

【読み方】:ローカルストレージ

「ローカルストレージ」とはコンピュータ端末に直接繋がれた外部記憶装置のことである。

また、端末にインストールされているアプリケーションが固有に使用する記憶領域のことを指すこともある。

これに対して、ネットワーク上に存在して遠隔地からアクセスする外部記憶装置を、リモートストレージと言う。

アプリケーションが固有に使用する記憶領域としては、例えばHTML5におけるlocalStorage(WebStorageの一つ)と言われるものがある。

このlocalStorageでは、Webブラウザを通して得られたデータ、例えばログイン情報やフォームデータ等を、クライアントである端末に永続的に保存することが出来る。

この仕組みにより、ブラウザを閉じてもデータは消えることが無いため、ブラウザの再起動後にそのデータを再利用することが出来る。

ローカルストレージはセキュリティや保存領域サイズ等の問題を回避するために、従来使用されてきたクッキーに替わる技術として用いられることがある。

「ローカルストレージ」に関連するネット用語