ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>ERP(Enterprise Resource Planning)

ERP(Enterprise Resource Planning)

【分類】: , ,

【読み方】:イーアールピー

「ERP」とは、統合業務パッケージのことであり、Enterprise Resource Planningの略称である。

一般に、企業活動において必要な業務には、購買、経理、生産、物流、在庫管理、営業、販売、人事などがあるが、それら一連の業務には業種を問わず共通したデータフォーマットとオペレーションが存在する。そこで、ERPではその共通部分を雛形としてパッケージ化しており、導入企業の業態に応じて柔軟にカスタマイズできるように構成されている。

ERP導入のメリットは、各業務が扱うデータを一元的に管理できることから部門間の連携が円滑になること、また社内の情報資産を用いた分析が容易になることが挙げられる。

またゼロベースからの開発よりも短期間かつ低コストで導入できることもメリットとして挙げられる。

ただし、ERPを導入するには既存のビジネスモデルを修正する必要が出てくるケースもありその点は留意を要する。

「ERP(Enterprise Resource Planning)」に関連するネット用語