ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>WMS(Warehouse Management System)

WMS(Warehouse Management System)

【分類】: ,

【読み方】:ダブリューエムエス

「WMS」とはWarehouse Management Systemの略称であり、在庫(倉庫)管理システムのことである。

このシステムにより、製造業や物流業での業務効率化を図ることが出来る。

このシステムの主要な機能は、在庫に関する様々な情報を把握出来ることである。

例えば、在庫数や入出庫情報、検品、梱包、ピンキングに関する情報など、在庫や倉庫に関するあらゆる局面の情報を迅速に管理することが出来る。

倉庫現場でのシステムの利用では、ハンディターミナルと呼ばれる端末を使用し、品物に付属するバーコードやタグの情報を読み取ることでシステム側でリアルタイムに在庫の状態を把握できる。

このシステムにより、従来の紙ベースやスプレッドシートによる管理よりも作業を効率的に行なうことができ、また適正な在庫数を確保することが可能になるため、商品販売の機会損失を防ぐことができる。

また、倉庫作業での業務平準化が促進され、作業員による作業レベルのバラツキを抑えることも期待できる。

「WMS(Warehouse Management System)」に関連するネット用語