ネット用語の辞典サイト「ネット王子」>>SCP(サプライチェーンプランニング)

SCP(サプライチェーンプランニング)

【分類】: ,

【読み方】:エスシーピー

「SCP」とは、サプライチェーンプランニングのことであり、サプライチェーンマネジメントを構成するシステムの一つである。

サプライチェーンとは製品の原材料調達から製造、そして物流を経て販売し、顧客へ届ける一連のプロセスを総称するものである。

そしてそのプロセスにおいて情報システムを活用して自社内及び関係他社と情報や流通の共有化を行い、
プロセス全体の最適化を図ることがサプライチェーンマネジメントである。

その最適化の際に需要予測を行い生産や流通のプランニングを行うシステムがSCPである。

このSCPは製品製造の方針に係るためサプライチェーンマネジメントの中でも重要な責務を担っている。

SCPの主な機能としては需要予測機能をはじめとして調達計画、生産計画、補充計画、配送計画、販売計画などが挙げられる。

「SCP(サプライチェーンプランニング)」に関連するネット用語